テレワーク紹介

テレワーク 新しい働き方

1日のうちあと1時間、自由な時間があったらなぁ~。

仕事に家事に育児に毎日忙しい皆様、お疲れ様です!!!
時代が進化し、女性の社会進出が叫ばれてはや何年も経っています。
しかし、未だに妊娠出産を機に仕事を辞めざるを得ない人がいるのも事実です。

なぜならば、育児は想像を絶するほど大変っ!!

プラスいざ仕事っ!となると、パパの育児家事協力なくしてなりたちません。
が、パパたちも毎日忙しく、帰りが21時、22時だったり午前様なご家庭もあることと思います。
そんな現実に、埋もれてしまっている優秀な人材も多いことでしょう。

ある大手企業ではテレワーク制度を導入して新しい働き方を推進したところ、翌年から新卒の入社希望者がなんと30%急増したそうです。
特に女性の場合は結婚や出産後も働きやすい企業であることが会社選びの大きな基準になります。

これは優秀な人材確保につながります!

2020年のきたるオリンピックを見据えて、現在様々な企業が自由な働き方を推奨していますね!
テレワークは働く場所によって、モバイルワーク、在宅ワーク、サテライトオフィスワークと種類があります。
弊社では、2年前よりテレワークの仕事形態を導入しており、この6月までで現在3名のテレワーカーがおります。

通勤時間がなくなり、1時間半以上自由な時間が増えたスタッフもいるんですよ!

弊社で実施中のテレワークの実際をご覧になってみてください!
そして、ぜひ皆様もご検討されてみてはいかがでしょうか。

従業員満足度、爆上げ中でございます(*^■^*)ノノ

在宅コラム

Evernoteなどのクラウドツールを活用する

テレワークは東日本大震災をきっかけに注目され、スマホやタブレットなどの普及もあって急激に増え、一時期は労働人口20%が何らかの形でテレワークを行うまでになりました。しかし今は伸び悩み、制度を作っても上手く活用できていない企業が多いそうです。そこでネットリンクスでのテレワーク導入の試行錯誤をご紹介していこうと思います。
まず用意したのはカメラ付きのノートPCです。会議はすべてテレビ会議で参加します。
書類はすべてEvernoteにアップされているため、お客様の大事な書類を郵送でやり取りするようなことはありません。産休・育休中も会議の議事録や週報、お客様とのやり取りなどすべてスマホから確認出来ます。
このEvernote、社内のノート数はすでに6000を超えていますが、欲しい情報はエクセルやワードであっても全文が検索対象になるため、すぐに出てきてとても便利♬
最近ではGoogleドライブOutlookアプリとも連携し、ますますEvernoteの活用は広がっています!

勤怠管理とコミュニケーション

勤怠管理しているの?コミュニケーションは?など多くの疑問をいただきます。
それだけ皆さんにとっても気になる制度だということですよね。
勤怠管理について、現在は自己申告制で、完全に信頼関係で成り立っています。その全面的な信頼を裏切ることはできないという心理的なプレッシャーが半端ないです。もちろんその成果も日々Evernoteやクラウド上の会計ソフトへ入力します。
ただやはり他の社員との均衡を保つため、きちんと勤怠管理を行いたいという意見もあると思います。その時には難しいプログラミングの知識は不要で簡単にカスタマイズできるkintoneを使ってみてはいかがでしょうか。私も前職でサイボウズやデヂエを使っていたので、勤怠管理だけでなく、社内のスケジュール管理や顧客管理の使いやすさは実感していました。サイボウズ社の提供するkintoneは売上集計や問い合わせ管理、日報、タスク管理など日々の業務を効率化するWebアプリを簡単に構築できます。こういったシステムは、導入後も使い勝手を確認して簡単に設定変更できるか否かがポイントなると思います。よろしければ実画面をご紹介します。きっとこれなら使いこなせそうだなと思っていただけるのではないでしょうか(^^)

働きたいママの受け皿が整備された環境に

厳しいとは言われつつも何とかなるだろう、とどこか安易に考えていた保育園の入園は残念ながら叶いませんでした。通常の共働きに比べ、例え勤務時間が同じでも在宅勤務だと持ち点が少なくなるそうです。
確かに子供を近くで見守りながら家で仕事ができるなんて、通勤しているよりも恵まれた環境にあります。・・・でも、実際に子供を産んでみると、仕事をしながら子供を見るってかなり難しいと実感しています。
子供は私のそばを離れず、一緒に何かをしたがります。パソコンを触ろうものなら、私を押しのけてキーボードをカチャカチャし、ほら、上手でしょ?と得意げに。
なかにはお利口に寝転んで待ってくれる子もいるかもしれませんが、うちでは考えられません。昼寝をしている時間に仕事を、とも考えました。それも半年もすれば1日2回程度に、1歳で1日1回。聞くと2歳くらいになれば1回のお昼寝さえもしなくなる子が出てくるそう。なので、やっぱり平日の昼間にしっかりと働く時間を確保するには、保育園への入園が必須です。
今は一時保育サービスなどを利用して、保育園に空きが出るのを待っています。
フルタイム、パート、テレワーク、どんな形であっても働きたいママの受け皿がきちんと整備されている環境に早くなればと願っています。

テレワーク導入のご相談、お待ちしております!

テレワークを社内に導入したい企業様、クラウドツールの活用や導入方法についてのご相談はお問い合せフォーム からお気軽にどうぞ!

テレワーク小冊子をプレゼント!

これからテレワークを始めたい方、テレワークがどのようなものか興味がある方向けに、「テレワークの重点課題と解決方法」をまとめた小冊子を作成しました。

ご興味のある方は下記連絡先までお問合せください!

テレワーク小冊子 -表紙

お問い合せ

ネットリンクス株式会社
〒700-0822
岡山県岡山市北区表町1-7-15
パークスクエアSHOWA 3F
営業時間 平日09:00〜17:30

TEL:086-231-0890
FAX:086-231-0892

ページトップへ