IT豆知識バックナンバー

2020.07.01

よく耳にするIT用語(クラウド・サブスクリプション)

 今回は最近よく耳にする言葉について解説します。テレビやインターネットをしている時に「クラウド」「サブスクリプション」という言葉をよく聞いたり見たりしませんか?

クラウドとは

 サーバーやストレージ、ソフトウェアを持たずインターネットを通じてサービスを利用する形態のことです。インターネットを通じて向こう側(雲)のサービスを利用していることから、クラウド(cloud=雲)と呼ばれるようになったともいわれています。

サブスクリプションとは

 サブスクリプションとは、月額や年額など定額料金を支払うことで、その期間中はサービスを受けられる形式のビジネスモデルです。多くのクラウド商材はこのサブスクリプションが主流になっています。「月額○○円で映画見放題」なんてのもサブスクリプションになります。

 実は意外と知らない間にサブスクリプションを日常の中で使用していたりします。家で使っているクラウドやサブスクリプションのサービスを探してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ