IT豆知識バックナンバー

2019.11.01

仮想デスクトップ

 一度に複数の業務を行う場合、一度アプリを閉じて必要なデータを広げたりしている人もいれば、今使わないアプリは最小化しておいてどんどん起動して使っている人もいます。ただこれでは閉じたり開いたりに時間がかかったり、画面上が煩雑になってしまいます。こういった時便利なのが「仮想デスクトップ」です。今使っているデスクトップとは別のデスクトップを起動するようなイメージです。これを使えば、毎日確認するスケジュールやメールを起動しているデスクトップと、作業を行っているデスクトップを別々に起動することができます。

  • まずは画面左下の右図のマークをクリック。(もしくは「Win + Tab」)
    今起動しているアプリの一覧が表示されます。
  • 次に画面左上の「+新しいデスクトップ」をクリックします。

 これで簡単に新しいデスクトップを作ることができます。
パソコンもアカウントも同じなので、当然通常と同じようにアプリの起動や編集を行うことができます。デスクトップを閉じたい時や、切り替えたい時も最初と同じマークを押せば切替画面が表示されます。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ