IT豆知識バックナンバー

2019.06.01

新元号への対応確認

 5月から新しい元号「令和」になりました。Windowsもアップデートを行うことで新元号へ対応しています。自分のパソコンが新元号に対応しているかは画面右下にある時計を「西暦」から「和暦」へ変更することで確認できますが、設定を変更するのは少し面倒ですね。そこで今回は手っ取り早く確認する方法を説明します。
 Excelを起動し、セルへ「令和1年5月1日」と入力して確定させます。次にそのセルを選択し、「数式バー」を確認します。 ※表示されていない場合はリボンの「表示」に数式バーのチェックボックスがあります。
 ちゃんと令和に対応していれば数式バーには「2019/5/1」と表示されます。これで手入力した内容が「日付」として認識されていることが分かります。気になった方はぜひ実際にやってみてください。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ