IT豆知識バックナンバー

2016.02.01

日付を分解して数式を値にする

 今回はExcelで1つのセルに「2016/2/1」と日付が表示されているものを、各セルへ「2016」「2」「1」というふうに分解する方法をご説明します。

【方法1】
これには関数の「YEAR」「MONTH」「DAY」の3つを使います。
「=DAY(A2)」と入力すれば、各セルに年、月、日を表示させることができます。
また、上記方法だけでは各セルに数式が入力されている状態です。
このままではAセルの日付を消すことができないため、B、C、Dセルを数値に変換する必要があります。

【方法2】
該当のセルを選択し、右クリックからコピーを行ないます。次にセルはそのままで「ホーム」の貼り付けオプションから「値」を選択します。
これで、年、月、日を分解された値のセルにすることができます。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ