IT豆知識バックナンバー

2014.02.01

タスクバーを賢く使う

 WindowsXPのサポート終了が近づき、Windows7やWindos8への入替が急速に進んでいます。今回はWindows7以降利用できるようになった便利な機能を紹介します。

まずタスクバーにExcelやWordなどのショートカットを作成する方法をご存知でしょうか。デスクトップなどにあるショートカットを、タスクバーにドラッグすればショートカットを作成できます。これで何か作業中でも作成したショートカットから簡単にExcelなどを起動することができますが、さらに便利な方法があります。

作成したショートカットを右クリックすると、最近利用したファイルが表示されます。これをクリックすることで、そのファイルが置かれている場所に行くこと無く直接ファイルを開くことができます。

もし表示されない場合、タスクバーの上で右クリックから「プロパティ」を選択し、「スタートメニュー」タブの「最近開いた項目を[スタート]メニューとタスクバーに保存し表示する」のチェックを入れてください。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ