IT豆知識バックナンバー

2014.01.01

色フィルタを活用する

Excelにて表などを作成した際、絞り込みとして行う「フィルタ」機能を活用していると思います。「指定した値を含む」「指定した値より大きい、小さい」など、様々な検索が可能ですが、数値でも文字列でもない表現を絞り込みたいといったことはないでしょうか。例えば住所しか入力されていない表で、関西と関東を分けたい場合、都道府県や市町村はわかっても、関西と関東などの分け方は非常に難しくなります。
今回はこういった場合でも、色を塗っておくことで絞り込みが行えることをご説明します。

【手順】
上記の例の場合、関東の住所には『青色』、関西の住所には『緑色』など、セルの色分けを行います。 次に、フィルタを設定し、メニューにある「色フィルタ」から絞り込みたい色を選択します。
これでセルの値には関係 なく、色で絞り込みを行うことができます。

※この機能はExcel2007以降利用可能な機能です。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ