IT豆知識バックナンバー

2013.02.01

名前の管理を利用する

Excelには選択した範囲を名前で定義する機能があります。
これを使えば数式の中で範囲を選択する時や、データ入力規則でリストを選択する時など、セルの範囲ではなく"名前"で登録することができます。

方法

名前を定義したい範囲をドラッグで選択。 その後、上の「名前ボックス」に任意の名前を入力します。

これで名前の定義は完了です。
その後定義の範囲を編集したい場合は、「数式タブ」-「名前の管理」にて編集することができます。

お問い合わせ

担当者 ネットリンクス株式会社 實成(じつなり)
電話 086-231-0890
メール お問い合わせフォームをご利用ください
ページトップへ