仕事に役立つ情報をご提供!Commu@NET

ネットリンクスがお届けする
コミュニケーション情報誌
「コミュ@ネット」

Commu@NET 最新号

最新のセミナー開催情報や業務パッケージソフトのご案内など、皆様のお仕事に役立つ情報をご提供いたします。

Commmu@NET #138
2017年8月1日発行/PDFファイル(1.0MB)

IT豆知識

IT 豆知識では、知っておくと便利なパソコンやExcel、Wordの操作に関する(裏)ワザを紹介していきます。

「最近使ったもの」の表示・非表示

タスクバーやスタートメニューのアイコンを右クリックすると、「最近使ったもの」や「よく使うもの」などのリスト表示されるのをご存知でしょうか。

例えばサーバーに保存しているExcelファイルを利用して閉じた後、もう一度同じファイルを開きたいと思った時、開いていたフォルダを閉じてしまっていたらもう一度その場所までいかないといけない。そんな時に上記の機能を利用すれば簡単にそのExcelファイルを開けます。

しかし考え方によっては最近どのファイルを開いたか履歴が残っているわけで、履歴を他の人に見られたくない場合もあるかと思います。この「最近使ったもの」については、表示しないように設定を変更することができます。

Windows10の場合、「タスクバー」を右クリックし、「設定」を選択。画面左のメニューから「スタート」を選び、「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」を「オフ」にすると表示されなくなります

Windows7の場合は、「タスクバー」を右クリックし、「プロパティ」を選択。「[スタート]メニュー」のタブを開き、「最近開いた項目を[スタート]メニューとタスクバーに保存し表示する」のチェックを外すと表示されなくなります。

必要に応じて使ってみてください。

Copyright (C) ネットリンクス株式会社 - 岡山県岡山市 - 各種セミナーの実施・会計ソフト(弥生会計・勘定奉行・会計王・PCA)・販売管理ソフト(売上原価Pro)・導入支援・業務効率化診断・ホームページ作成・ITコンサルティング All Rights Reserved.