仕事に役立つ情報をご提供!Commu@NET

ネットリンクスがお届けする
コミュニケーション情報誌
「コミュ@ネット」

Commu@NET 最新号

最新のセミナー開催情報や業務パッケージソフトのご案内など、皆様のお仕事に役立つ情報をご提供いたします。

Commmu@NET #141
2017年11月1日発行/PDFファイル(1.0MB)

IT豆知識

IT 豆知識では、知っておくと便利なパソコンやExcel、Wordの操作に関する(裏)ワザを紹介していきます。

0を頭につけたナンバリング

Excelで列に合わせてナンバーを振る時、「1、2、3、…」と表示するのではなく、「001、002、003、…」と表示させたいとのご相談を受けたことがあります。通常Excelでは、「001」と入力しても、確定すると「1」になってしまいます。今回は「001」と表示する方法を2つご説明します。

【文字列にする】
「001」と表示したいセルを選択し、右クリックから「セルの書式設定」を選択します。「表示形式」タブの分類から「文字列」を選択します。これでそのセルに「001」と入力すると、表示も「001」になります。
1つ問題点があるとすれば、そのセルを含んだ計算はできない場合もあります。あくまでナンバリングなどとして利用することになります。

【ユーザー定義で3桁にする】
文字列にする時と同様、「セルの書式設定」を開きます。「表示形式」タブの分類から「ユーザー定義」を選択し、「種類」の下に「000」と入力します。これで3桁表示になります。こちらの場合は計算できます。もし3桁を超える数字をセルに入力した場合もその桁数で表示されます。

用途によって使い分けてはいかがでしょうか。

Copyright (C) ネットリンクス株式会社 - 岡山県岡山市 - 各種セミナーの実施・会計ソフト(弥生会計・勘定奉行・会計王・PCA)・販売管理ソフト(売上原価Pro)・導入支援・業務効率化診断・ホームページ作成・ITコンサルティング All Rights Reserved.